ワーキングメモリー 鍛える 教育

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛えるとどんな効果がある?

赤ちゃん画像

 

ワーキングメモリーという言葉を聞いた事があるママは結構多いのではないでしょうか。

 

近年は赤ちゃんの脳のメカニズムが注目されており、ワーキングメモリーは赤ちゃんの時から鍛えることができるということが分かっています。

 

ワーキングメモリーとは記憶だと思われがちですが、ちょっと違います。

 

ワーキングメモリーは何かをするために一時的に覚えておくという能力になります。

 

どのような具体的な効果があるのか気になっている方もいると思いますが、それは多岐にわたります。

 

例えば会話をする際にも、相手の言葉を聞いてから理解して受け答えする時や、料理でも手順を考えながら調理する際にもワーキングメモリーは必要になります。

 

つまりワーキングメモリーは人間が生活するうえで必須になる能力になります。

 

それを鍛えることによって知能が高くなるのはもちろんですが、判断力のアップも期待できます。

 

ワーキングメモリーは赤ちゃんの時から鍛えることができ、早くやればそれだけ効果も出てきます。

 

こういう赤ちゃんの時から能力を伸ばすことを知育といい、最近では色々な方法が紹介されています。

 

特にお勧めなのが脳科学者が提唱している知育方法になります。

 

脳科学の専門家による知育方法はそれだけ効果があり、信憑性も高いので注目されています。

 

さらに詳しい内容については下記から参考にしてください。

 

ワーキングメモリーを鍛える脳科学者の教育方法

ワーキングメモリー

 

そもそもワーキングメモリーがどのようなものなのか気になっているという人もいるのではないでしょうか。

 

ワーキングメモリーは作業記憶や作動記憶とも呼ばれており、一般には、前頭皮質、頭頂皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部に影響されていると言われています。

 

簡単に言うと短期的な限りある記憶のことだと考えていいと思います。

 

簡単な短時間の記憶で、電話番号を覚えたりとかちょっと記憶しておくための部分だと考えるといいと思います。

 

ワーキングメモリーが鍛えられると、理解力が向上するといわれており、なんとか赤ちゃんや幼児のときから鍛えておきたい部分と言われています。

 

確かに理解力と言うのは勉強はもちろんですが普段の生活でも非常に重要な部分なので、鍛えておいて損はない機関と言えます。

 

当サイトではそんなワーキングメモリについて詳細に説明しているので是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

またトップページではワーキングメモリなどが鍛えられる無料で試せる幼児教材の体験談を載せているサイトが紹介されているので参考にしてみるといいと思います。

 

下記からトップページにいけます。

 

ワーキングメモリなどを鍛える幼児教育法が知りたい

ワーキングメモリーを鍛えるとどんな効果があるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

何となくワーキングメモリーと言う言葉は聞いたことがあると言う人も多いのではないでしょうか。

 

しかし具体的にワーキングメモリーを鍛えることによってどんな効果があるのか知らない人は結構多いと思います。

 

そこでここではワーキングメモリーを鍛えることによる効果について説明したいと思います。

 

ワーキングメモリーを鍛えると、脳の前頭皮質が活性化して、短期記憶がよくなると言う効果があります。

 

短期記憶が良くなることによって、勉強だけでなく普段の生活での頭の良さを鍛えることも可能になります。

 

ワーキングメモリーの研究は世界的にも研究されており、科学的にも効果が期待されている部分なので赤ちゃんの教育にも積極的に取り入れてみてはどうでしょうか

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

ワーキングメモリーの赤ちゃんの知育について

 

指先での遊びは赤ちゃんが生まれて間もないときから使える脳発達の効果的な遊びになります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの場合は、身近にあるものに触れたり触ったりすることによって、徐々に手や指の力、動きを身につけていきます。

 

そのままにしていても発達はしますが、ママが積極的にサポートすることによって成長を促すことができて、手先の器用さが身に付くようにも成ります。

 

赤ちゃんに指先の運動をさせて脳に刺激を与えると言う知育方法は広く知られているので、効果は非常に期待できると思います。

 

また特に難しいという知育法ではないので、すでにやっていると言う人もいるのではないでしょうか。

 

生後すぐにでもできるトレーニングなので、赤ちゃんとのコミュニケーションをかねてやってみるのもいいのではないでしょうか。

 

赤ちゃんの知育については下記のページから詳しい内容が見れるのでご覧になってみてはどうでしょうか。

 

赤ちゃんの知育方法について

 

また上記のサイト下部のほうでは知育についての詳しいマニュアルが載っているので良かったら参考にしてみてはどうでしょうか。

子供の知育教育では子供の頭を良くするということや、子供の才能を伸ばすことが中心になっていますが、それ以外にも子供の感情や付き合い方を教えるということもあります。

 

やはりどんなに頭が良くても、人間社会で生きていくためにはコミュニケーション能力は必須と言える項目だと思います。

 

頭がよくなくてもコミュニケーション能力が非常に高ければ、それだけで成功することも可能です。

 

また近年では子供の犯罪傾向にも注意が必要と言えると思います。

 

そこでアメリカでは、子供が加害者にならないようなプログラムが開発されてたみたいです。

 

その方法は、ぬいぐるみやカードを使いながら、子供たちにある状況におかれた途上人物をそれぞれの気持ちを想像させて、どうsれば問題を解決することができるのか話し合いをするように、うながすという方法になります。

 

意見や利害が対立する相手と話し合って、相手を思いやる気持ちを持たせてトラブルを解決する力を養っていくというわけです。

 

これによって怒りや、感情をコントロールする方法を遊びながら養っていくのです。

 

アメリカだけでなく、日本でもキレやすい子供が問題になっているので、こういうプログラムを小さいうちから取り入れてみると効果が出やすいかもしれませんね。

 

子供を賢くするだけでなく、感情面でも教育をすることが大事になってくると思います。

 

赤ちゃんに効果的な知育方法

赤ちゃんや子供のうちに算数で脳を鍛えたいと思っていても、無理にやらせると子供に苦手意識を植え付ける可能性があるので注意が必要です。

 

そこでゲーム感覚で遊びの一環として取り組ませると効果的です。

 

算数ゲームは数理的思考力と文字を書くことによる国語力、さらにものを考える集中力を養うことができます。

 

答えを理詰めで導き出す論的にな思考力を養うには最適と言えると思います。

 

また頭の中で立体を思い浮かべる空間認識力や見えない物が見える図形のセンスなどを磨くことができます。

 

赤ちゃんや子供に初めてこういう算数的なことを取り組ませる場合には、いきなりがっつりと取り組ませるのではなく、遊び感覚で取り組ませるのが一番効果的です。

 

まずはしっかりと正解をさせるということよりも、興味を持ってもらうことに重点をおいて取り組むといいです。

 

その際にはママやパパも一緒に取り組むことによって、赤ちゃんや子供はさらに興味を持って取り組んでくれると思います。

 

知育についてのさらに詳しい情報については下記からご覧ください。

 

専門家による知育情報はこちらから

子供に文字を教える際に特殊な方法を提唱しているところがあります。

 

それがヨコミネ式と呼ばれる方法のようです。

 

この方法は読み書きや計算、音楽、運動に力を入れた方法になっているみたいです。

 

文字を覚える際に普通は、ひらがなから始まって、カタカナ、漢字という風に進めていくのが通常です。

 

ひらがななら「あ」から50音順に教えていくのが普通の方法ですよね?

 

ヨコミネ式の場合は、ひらがなや漢字、カタカナを問わずに書きやすいものから覚えていくという方法になります。

 

つまり一番簡単な感じの「一」から学んで「1」次に「十」という感じで簡単に書けるものから覚えていくという方法になります。

 

こうして簡単に書けるものを教えて自信をつけさせながら文字を覚えていくという方法になります。

 

これなら小さい時から始めることができ、鉛筆で文字を書くという動作から脳を活発に促進することができます。

 

ちょっと特殊な方法ですけど、この方法で多くの子供が3歳までに95音をマスターすると言われています。

 

さらに詳しい専門家の知育情報は下記からどうぞ

 

専門家による知育の情報について