ワーキングメモリー 鍛える 教育

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛えるとどんな効果がある?

ワーキングメモリーという言葉を聞いた事があるママは結構多いのではないでしょうか。

 

近年は赤ちゃんの脳のメカニズムが注目されており、ワーキングメモリーは赤ちゃんの時から鍛えることができるということが分かっています。

 

ワーキングメモリーとは記憶だと思われがちですが、ちょっと違います。

 

ワーキングメモリーは何かをするために一時的に覚えておくという能力になります。

 

どのような具体的な効果があるのか気になっている方もいると思いますが、それは多岐にわたります。

 

例えば会話をする際にも、相手の言葉を聞いてから理解して受け答えする時や、料理でも手順を考えながら調理する際にもワーキングメモリーは必要になります。

 

つまりワーキングメモリーは人間が生活するうえで必須になる能力になります。

 

それを鍛えることによって知能が高くなるのはもちろんですが、判断力のアップも期待できます。

 

ワーキングメモリーは赤ちゃんの時から鍛えることができ、早くやればそれだけ効果も出てきます。

 

こういう赤ちゃんの時から能力を伸ばすことを知育といい、最近では色々な方法が紹介されています。

 

特にお勧めなのが脳科学者が提唱している知育方法になります。

 

脳科学の専門家による知育方法はそれだけ効果があり、信憑性も高いので注目されています。

 

さらに詳しい内容については下記から参考にしてください。

 

ワーキングメモリーを鍛える脳科学者の教育方法