赤ちゃんの持っている4つの能力

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんが持っている4つの能力、ワーキングメモリー、真似る力、考える力、運動能力について掲載しています。赤ちゃんに色々と教えてあげるためにもしっかりと赤ちゃんの能力を理解しておきましょう。

赤ちゃんの持っている4つの能力

赤ちゃんの能力

赤ちゃんには赤ちゃん特有の能力があります。赤ちゃんの能力を知ることによってそれに対応した教育などができるので是非とも抑えておきたいところではないでしょう。

 

具体的にはワーキングメモリーや、真似る力考える力運動能力があります。

 

こういった赤ちゃんの能力を生かして教育することによって赤ちゃんの脳の発達を促す効果を得ることができます。

 

具体的にはそれぞれどのような働きがあるのでしょうか?

 

下記を参考にしてください。

 

赤ちゃんの4つの能力について

 

赤ちゃんの能力詳細

 

ワーキングメモリー

近年有名になってきているワーキングメモリーですが、これは何かを実行するために一時的に覚えておくという機能になります。

 

生後2ヶ月くらいから発達し始めて、6ヶ月目くらいには訓練をしなくても1秒間くらいは直前に見たものを覚えられるようになります。

 

真似る力

脳にはミラーニューロンと呼ばれるシステムがあります。

 

これは真似をするための最高中枢で、これによって赤ちゃんは生後2ヶ月くらいから自分の意思で頭や手の動きを真似するようになってきます。

 

考える力

赤ちゃんは生後4ヶ月くらいになってくるとママが何をするのか、予測することができるようになってきます。

 

声かけを続けていると、その後の行動を予測して待つようになってくるので、こういった部分は赤ちゃんの教育などにも利用できるのではないでしょうか。

 

運動能力

赤ちゃんが生まれたばかりの時には刺激に対する反射行動だけですが、反射を繰り返していくうちに、手を握ったり、聞いたり物をつかむことなどができるようになります。

 

 

上記のような赤ちゃんの能力をしっかりと理解してこれから赤ちゃんの教育を実践していってはどうでしょうか。

 

当サイトのトップページから赤ちゃんの幼児教育や育児についての情報を詳しく掲載してるサイトを載せているので参考にしてみてはどうでしょうか。