赤ちゃんの天才の教育では12ヶ月間が重要

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんを天才に育てたいと思っているママは多いと思います。そのためには12ヶ月で非常に大きな変化が赤ちゃんには起こります。そこでの教育は非常に大事になってきます。

赤ちゃんは12ヶ月で大きな変化をする

赤ちゃん12ヶ月

 

赤ちゃんの同じ0歳と言っても、生まれた間もない赤ちゃんと生後12ヶ月の赤ちゃんとでは全然違うと言うのはわかるのではないでしょうか。

 

生後間もない赤ちゃんの場合だと目を開けることもできず、か弱い声で鳴くだけだった赤ちゃんですが、、歩いたり、話したり、複雑なことを理解できるようになるというのはなかなか想像しにくいのではないでしょうか。

 

育児は常に色々な不安と隣りあわせで行われています。健康に育っているかとか、月齢どおりに育っているかとか今後しゃべれるようになるかとか、歩けるかとか、不安は色々とあるのがわかると思います。

 

そうはいっても成長に不安を感じているのは親としては当然のことなのであまり深刻にならないようにしましょう。

 

なんにしても健康に育っていくことが非常に大事です。赤ちゃんは生まれてからこんな短時間でこれだけ変化するので、その間の教育も非常に大事だと言うのは想像できるのではないでしょうか。

赤ちゃんの12ヶ月での変化の天才の教育法

赤ちゃんの天才教育

赤ちゃんは12ヶ月で大きな変化をするというのは説明しましたが、具体的にどの部分がどのように変化するのか興味がある人も多いのではないでしょうか。

 

変化が大きいと言うことはその間の教育で非常に大きな変化を与えることが出来るということもわかるのではないでしょうか。

 

これを利用すれば天才を育てるための教育が出来るのではないでしょうか。

 

言葉について

言葉については単語を組み合わせての会話が可能になります。泣くことしかできなかったのが、発生が上手になり、ママやパパ、オンモやワンワンなどいくつかの単語を話すようになります。まだ文章は作れないので、単語を並べたり、話す代わりに指差ししたりして何とか自分の気持ちを伝えようとします。

 

視覚について

目標との距離感や遠近の焦点を合わせることも可能になります。はいはいや伝い歩きをすることには物を見るだけでなく、目標との距離感を測るなど、高度な動きが出来るようになります。また手も自由に使えるようになるので、物を立体で見る事にもなれて少しずつ早い動きにも対応できるようになってきます。

 

運動について

成長すると赤ちゃんのチャレンジ精神も旺盛になってきます。手脚の筋肉もついてきて、体つきもしっかりとしてきます。歩き出すのが早かった赤ちゃんは靴を履いて歩き始めますし、12ヶ月ごろにはつかまり立ちや伝い歩きをするようになります。また新しいことにもどんどん挑戦しようとする何度でもやりたい時期だと言ってもいいかもしれないですね。

 

咀嚼力について

赤ちゃんは咀嚼を覚えることで脳に刺激を与えることが可能になります。離乳食が始まって、食べることに興味を持ち始めるようになってきます。まだ歯もはえそろってないので硬いものは食べられないですが、すめや細長くきった牛のステーキなどを与えると噛み切ろうとする努力をするので咀嚼することで集中力を身につけることができます。

 

記憶について

成長すると隠しても覚えていられる時間が長くなるようになります。ワーキングメモリーが発達して玩具などを上からタオルで覆って見えなくしても10秒間ぐらいは覚えていられるようになります。おもちゃをしまった場所なども繰り返し練習することによって次の日まで覚えていられるようになります。

 

1日のリズムについて

赤ちゃんが昼の全身運動で夜寝る習慣が身につくようになります。はいはいや伝い歩きなどを覚えると、赤ちゃんは目標を見つけて移動することを繰り返すようになります。また手を使った遊びにも今日を持ち出すので、一人遊びも上手にアンリます。そのため昼間おきている時間が長くなって夜ぐっすりと眠る習慣がつくようになります。

 

上記のようなことに気をつけて幼児教育を実践するようにしてはどうでしょうか。