子供 コミュニケーション キレない子供

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
アメリカでは子供が犯罪の加害者にならないように、子供に相手の気持ちを思いやり、怒りをコントロールできるようにするプログラムがあります。それを簡単に説明してみようと思います。

子供のコミュニケーション力を鍛える

子供の知育教育では子供の頭を良くするということや、子供の才能を伸ばすことが中心になっていますが、それ以外にも子供の感情や付き合い方を教えるということもあります。

 

やはりどんなに頭が良くても、人間社会で生きていくためにはコミュニケーション能力は必須と言える項目だと思います。

 

頭がよくなくてもコミュニケーション能力が非常に高ければ、それだけで成功することも可能です。

 

また近年では子供の犯罪傾向にも注意が必要と言えると思います。

 

そこでアメリカでは、子供が加害者にならないようなプログラムが開発されてたみたいです。

 

その方法は、ぬいぐるみやカードを使いながら、子供たちにある状況におかれた途上人物をそれぞれの気持ちを想像させて、どうsれば問題を解決することができるのか話し合いをするように、うながすという方法になります。

 

意見や利害が対立する相手と話し合って、相手を思いやる気持ちを持たせてトラブルを解決する力を養っていくというわけです。

 

これによって怒りや、感情をコントロールする方法を遊びながら養っていくのです。

 

アメリカだけでなく、日本でもキレやすい子供が問題になっているので、こういうプログラムを小さいうちから取り入れてみると効果が出やすいかもしれませんね。

 

子供を賢くするだけでなく、感情面でも教育をすることが大事になってくると思います。

 

赤ちゃんに効果的な知育方法