赤ちゃんが真似するトレーニング

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんがママの真似をするするようになります。真似をするのがいつなのか気になっている人もいると思いますが、当サイトから参考にしてください。また真似をする効果についても説明しています。真似の効果を是非参考にしてください。

赤ちゃんが真似するトレーニングについて

赤ちゃんの真似

 

赤ちゃんは生後2週間くらいになると、ママの顔の真似ができるようになります。

 

赤ちゃんと向かい合って、口をあけると、赤ちゃんも口を開けて、舌を出すと赤ちゃんも舌を出すようになります。

 

こういったことが出来るようになる時期から色々な表情を見せるようにして真似させてみましょう

 

顔真似ができるようになったら、次は手で、グーやパーの手を赤ちゃんに見せてみて赤ちゃんに真似させるようにしてみるといいです。

 

真似をしなかった場合には、20秒以上くらいじっくりと見せるようにして反応を待つようにしてみてはどうでしょうか。

 

真似ができたらしっかりと褒めてあげるようにしましょう!赤ちゃんが気持ちいいと思うように体をなでたりしてあげるといいと思います。

 

赤ちゃんが真似をする効果とは

赤ちゃんが真似する効果

赤ちゃんが真似をすると脳の44野になるミラーニューロンを刺激することができます。

 

ミラーニューロンは運動の真似を助ける役目があります。

 

このミラーニューロンは生後2から3週間の頃に活発に働きます。

 

そのためこの時期に真似をさせるようにすると反応がでやすいので効果的です。ただこの時期に練習しないと真似が難しくなります

 

ミラーニューロンは相手の表情を見て何を考えているのか理解する働きもあり、赤ちゃんの表現力や感性を高める効果があるので、積極的にトレーニングするといいと思います。

 

ミラーニューロンを鍛えることで対人コミュニケーションを高める基礎を作ることができるのでやってみましょう。

上手く真似をさせるには

赤ちゃんに上手く真似をさせる

赤ちゃんが上手く真似をさせるにはいくつかポイントがあります。

 

まずは顔や手は赤ちゃんの正面で見せるようにしましょう。

 

その際に口を大きく開いたり、舌を出したり色々な表情を見せるようにします。

 

真似をしなかったら顔や手を触って、真似ができるように少し助けてあげるようにするといいです。

 

そしてしっかりと真似ができたら声をかけて褒めてあげると、赤ちゃんのほうでもやる気がでて積極的に取り組んでくれるようになります。

 

真似をする際に働くミラーニューロンを鍛えておくと、一時的な記憶であるワーキングメモリーもしやすくなるので相乗効果も期待できます。

 

赤ちゃんの幼児教育と合わせてよかったら下記から母乳育児の方法についても参考にしてください。

 

母乳育児のやり方を徹底解説

母乳育児での母乳が出ないなどの悩みなど、母乳育児をしていて食事やメリットなど詳しいやり方や方法について載せています。母乳育児と幼児教育によって健康的で賢い子どもを育てることが可能です。健康と子どもの能力を伸ばす情報を知って子育てに取り組んでみてはどうでしょうか。