赤ちゃんの目を鍛えるトレーニング

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんの視力や目を鍛えるトレーニング方法を紹介しています。赤ちゃんの目は生まれたばかりの場合でも物が見えています。そのため視神経を鍛えることで脳にも刺激を与えることができいい効果を与えることができます。

赤ちゃんの目を鍛えるトレーニング

赤ちゃんの目のトレーニング

 

赤ちゃんの視力を鍛えるよなトレーニング方法があります。

 

生まれたばかりでも赤ちゃんは物を見ることができます。そのため生まれた日から網膜を刺激するようなトレーニングを始めるようにするといいです。

 

最初は視覚の刺激はママの顔になります。そこで30センチくらい離れて赤ちゃんと向かい合いあって、赤ちゃんに声がけしながら目と目をあわせるようにしましょう。

 

赤ちゃんが両方目でじっと見つめたら成功になります。

 

これを3回から5回くらい繰り返すようにするといいです。

 

赤ちゃんの視野は上下左右でだいたい50度くらいになるので、赤ちゃんの正面でものを見せるようにするのがポイントになります。

 

見せるものは物でもいいのですが、赤ちゃんは人の顔を見る傾向があるので、人の顔を画用紙などに書いて見せるという方法でもいいと思います。

 

おむつを帰るときや授乳のときにでも、赤ちゃんの視界を意識しながらじっと目を見るようにして話してあげるといいと思います。

見つめることで視神経を発達させよう!

視神経の発達

目は脳と密接な関係があるので、目から見たものを刺激として脳に送ることができ、視神経の発達は脳の活性化にも繋がってきます

 

生まれたばかりの赤ちゃんは目をキョロキョロ動かしています。

 

視野のどこかで動きを止めてじっとみつめさせると物をみるようになります。

 

見せるものは30センチ以上離れたところに置くようにしましょう。

 

まだ赤ちゃんが低月齢の場合には両目とも物体に焦点を合わせてみる注視は出来ないと思います。

 

そのためまずは、見つめるトレーニングによって目、視神経、視覚野を働かせるようにすることが大事になってきます。

 

目からの刺激は非常に大きなものなのでじっと見つめるトレーニングは手軽な割には効果の高いトレーニング方法になります。