文字 学び方

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんの気になる文字の学び方について説明しています。ちょっと変則的な方法ですが、これも知育方法の一つになっています。

気になる文字の学び方

子供に文字を教える際に特殊な方法を提唱しているところがあります。

 

それがヨコミネ式と呼ばれる方法のようです。

 

この方法は読み書きや計算、音楽、運動に力を入れた方法になっているみたいです。

 

文字を覚える際に普通は、ひらがなから始まって、カタカナ、漢字という風に進めていくのが通常です。

 

ひらがななら「あ」から50音順に教えていくのが普通の方法ですよね?

 

ヨコミネ式の場合は、ひらがなや漢字、カタカナを問わずに書きやすいものから覚えていくという方法になります。

 

つまり一番簡単な感じの「一」から学んで「1」次に「十」という感じで簡単に書けるものから覚えていくという方法になります。

 

こうして簡単に書けるものを教えて自信をつけさせながら文字を覚えていくという方法になります。

 

これなら小さい時から始めることができ、鉛筆で文字を書くという動作から脳を活発に促進することができます。

 

ちょっと特殊な方法ですけど、この方法で多くの子供が3歳までに95音をマスターすると言われています。

 

さらに詳しい専門家の知育情報は下記からどうぞ

 

専門家による知育の情報について