脳科学を取り入れた育児は常識

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
近年は脳科学を育児に取り入れるということが普通になってきています。昔ではあまり考えられないことですが、こういったことが普通になりつつあるというのは効果があるからスタンダードになっているということの現われではないでしょうか。

脳科学を取り入れた育児は常識

赤ちゃん脳科学

人間の赤ちゃんは他の動物の赤ちゃんと違って、しっかりと世話をしてもらい学習してないと生きてはいけないです。

 

手や足や口の使い方も教えてもらいながら育っていくのです。こういった基本的なところから脳の働き方も違ってくると言えます。

 

近年は脳科学の発達や研究が進んだ影響で、子育てに脳科学の知識が必要と考える保育園や幼稚園が増えてきて、それだけ需要が増えたことから専門家も世界中で増えてきています。

 

理由は簡単で脳科学の知識を利用して教育するほうが効果的でよりよい子育てが可能だと一般にも知られてきているからです。

 

赤ちゃんが3歳までにやっておきたい知育とは

3歳知育

脳科学を利用した育児は0歳の時から取り組めると言うのが普通になっています。

 

というかできるだけ早く取り組んだほうがそれだけ効果が高いと言うことが既に分かっています。

 

具体的には3歳の誕生日ごろまでに、脳のあらゆる部分の働きかけ、特に大脳皮質の前頭前野の働きを高めないと、その後の知恵や知能の発達が阻害されると言われています。

 

反対に3歳までに大脳皮質の前頭前野の働きを高めると、それだけ知恵や知能の発達が促進されるとも受け取れるのではないでしょうか。

 

基本的には脳科学を取り入れた育児では0歳から行ったほうが効果的です。

 

0歳ではワーキングメモリーやミラーニューロン、行動抑制などが重要だと言われています。

 

当サイトのトップページに幼児教育の関係の情報を詳しく載せているサイトを紹介しているので利用してみてはどうでしょうか。