赤ちゃんに話すことで脳を活性化

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんの脳を活性化させるにはどうすればいいのか説明しています。赤ちゃんに声をかけて話すことの重要性について説明しています。まずは当サイトから具体的な内容をご覧ください。

赤ちゃんに話すことで脳を活性化

赤ちゃん声がけ

 

赤ちゃんに授乳するときやおむつをかえるときなどや、お散歩にでかけるときなど、何科行動をする間には必ず赤ちゃんに哺乳瓶やおむつ、帽子などを見せて、何をするのか声がけをするようにするといいです。

 

何度も行うことによってそれが哺乳瓶で、おむつということが、視覚や聴覚などの結びつきによって、これからママが何をするのか分かるようになります

 

こういった大体の予測は1年ほどで覚えることができるようになり、声かけすることによって赤ちゃんも期待して自分で準備するようになります。、声かけのときは必ず最初に名前を呼ぶようにしましょう。

声掛けによる脳の活性化と影響

赤ちゃん脳の活性化

赤ちゃんに何かする際にはしっかりと声かけを行うようにしましょう。

 

言葉だけではまだ意味は分かりませんが、すべての言語野は働いています。言葉を理解して声を出す準備の活動があるのが理由になります。

 

この準備活動は生まれた日から始まっているので、早めに教育することが可能になります。

 

やがてかけられた声が分かるようになると働く神経細胞の数が増えていくようになります。

 

声かけは赤ちゃんの合言葉ではなく、脳への働きかけになるのでしっかりと行うようにすることが大事になってきます。