脳は生まれる前から成長している

赤ちゃんのワーキングメモリーを鍛える天才の教育方法

MENU
赤ちゃんは生まれる前から脳はどんどん成長しています。具体的には神経細胞のほとんどがママの胎内で作られると言われています。脳科学を利用した育児は当サイトをご覧ください。

脳は生まれる前から成長している

脳科学画像
脳の神経細胞は胎児期の6ヶ月目くらいから、どんどん作られるようになって、生まれてくる頃にはほぼ一生分の神経細胞ができてしまっていると考えられています。

 

ただ子生まれたばかりの神経細胞の場合にはまだか細くて、細胞同士のつながりというのはほとんどないという状況になります。

 

しかしそこからシナプスによってつながりができてくると、神経細胞の周りに網目が張り巡らされて、細胞自体も大きくなっていくようになります。

 

こんな感じで赤ちゃんが生まれる際には脳の機能は基本的にはほとんどできていると言っていいかもしれないですね。

赤ちゃんは未熟な状態で生まれるのが普通

赤ちゃん未熟

赤ちゃんが未熟な状態で生まれるのはそこまで珍しいことではないですが、他の動物と比べると人間の赤ちゃんは未熟で生まれれるのが普通だとされています。

 

人間は他の動物と比較しても、幼児期や胎児期が長い生き物だと言われています。

 

胎児期にも赤ちゃんの脳は成長していますが、子宮の大きさに合わせて成長しないといけないのと、産道を通る必要性があるので、あまり大きくなるわけにはいきません。

 

そこで生まれてくる際には基本的に必要になってくる反射や行動だけを身につけた、未熟な状態で生まれてくるのが普通なのです。

 

そのため幼児期が他の動物と比べて長くなっており、学習によって覚えていくという必要性があるのです。

 

そういった意味では赤ちゃんや幼児の際の教育がどれだけ大事かがよくわかるのではないでしょうか。